ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月28日

セバスチャン・ルディ、ホッフェンハイムと2023年まで契約

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 12日前にFCシャルケ04との契約を解消が伝えられ、その後に移籍市場の動向を見定めていた元ドイツ代表MFセバスチャン・ルディが、既報通りにTSGホッフェンハイムとの再契約を締結したことが発表された。ホッフェンハイムから提示された2年契約を提携し、これから通算4度目となるホッフェンハイムでの再出発を果たしている。

 2010年から2017年にかけて同クラブにてドイツ代表にまで飛躍を遂げたルディは、それからバイエルン・ミュンヘンにて1年間、そしてその後にはシャルケへと移籍。しかしながらそこでの初年度は双方にとって思うように事が運ばずに、最近2年間では続けてホッフェンハイムへとレンタル移籍していた。

 400万ユーロ、成果に応じて最大600万ユーロとも言われたルディの年俸は、確かに大幅な減額を強いられることになる。また伝えられるところでは、イタリアからASローマ、SSCナポリ、FCボローニャなどからのコンタクトも伝えられていたのだが、しかしながら地元に近いこの慣れ親しんだホッフェンハイムにて、シャルケでは見出せなかった静かな環境を求め、今回の決断へと至った模様。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報