ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月05日

シャルケのクトゥジュ、イスタンブールBBSKで新たな挑戦へ

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 FCシャルケ04のアハメド・クトゥジュは、この夏にチームを後にし、トルコのトップクラブであるイスタンブールBBSKへと渡る決断を下した。なお契約内容については、両クラブの取り決めにより明かされてはいない。

 金曜日の時点でシュレーダーSDは、イスタンブールBBSKと「話し合いに進展がみられている」ことを明かしており、それから2日が経過し正式な発表の運びとなっている。21歳のFWについて、同SDは「アハメドが完全移籍でチームを去るということは、確かに簡単な決断ではない」と強調。

 地元ゲルゼンキルヒェンの出身であり、2022年までの契約を締結していた若手ストライカーは、2018年にプロデビュー。1年後にはプロ契約を締結し、ブンデス1部通算45試合に出場(5得点)。

 ただ2022年まで結ばれた契約の年俸が、2部降格を喫したシャルケにとっては少なからず負担となっており、さらに加えて出場機会の確保に困難がみられていたこともあり、全ての関係者にとって移籍の流れとなっていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報