ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月16日

シャルケのラマン、母国のアンデルレヒトと3年契約

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ベニート・ラマンがこの夏、FCシャルケ04を後にすることが明らかとなった。ベルギー人アタッカーは母国のRCDアンデルレヒトと3年契約を締結。これは木曜夜に両クラブから正式に発表されたもので、ただし契約を2024年まで残していたことから移籍金が発生したはずだが、特に正確な情報は明らかにしていない。

 「ベニートはシャルケでの将来性を見出せなくなったと素直に伝えてくれた」と、ルーヴェン・シュレーダーSDはコメント。「だからこそ、アンデルレヒトへの移籍という、理にかなった解決策を見出せたことは、双方にとってポジティブなこと。」と述べ、おそらくは移籍金のことであろう「経済面で満足しており、これが再びクラブを前進させてくれるものだ」と付け加えた。

 ラマンは2019年にフォルトゥナ・デュッセルドルフから、ゲルゼンキルヒェンへと渡り、これまで2シーズンの間でブンデスリーガ通算50試合に出場(6得点)、さらにシャルケ時代の中でドイツ杯5試合に出場しており、そこでも6得点をマークしている。 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報