ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月26日

キンソンビに観客から人種差別的侮辱?シャルケは告発を調査

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先週金曜夜に開催されたブンデス2部開幕戦、FCシャルケ04vsハンブルガーSV戦では、ハンブルガーSVのダヴィド・キンソンビに対して、人種差別的な侮辱行為があった疑いが持たれていることが明らかとなった。

 この試合の主催者であるFCシャルケ04側によれば、ある観客から試合中に、そういった出来事のために設置された窓口へ、25歳のMFに対する罵詈雑言(今回は猿の鳴き声)があったとの報告がなされたとのこと。

 ジークマン広報担当はドイツ通信社の取材に対し、「それを受けてスタッフが即座にそのブロックへと向かいましたが、しかしながらそれ以上の叫び声は確認できませんでした」と説明。「これは重大な告発であり、我々は調査し明確にしていきたいと思います。警察でも調査中です」とも明かしている。

 なおキンソンビはこの日のシャルケ戦では、パフォーマンス面であまり良いものを見せることができておらず、kicker採点4.5低調なものに。そして後半71分には交代していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報