ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月04日

ザラザルがシャルケに。アクマンとオットーもそれぞれ新天地へレンタル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ロドリゴ・ザラザルがアイントラハト・フランクフルトから、ブンデス2部FCシャルケ04へとレンタル移籍することが発表された。シャルケではブンデス2部開幕戦において、主将ダニー・ラッツァが外側側副靭帯を損傷。これに対応した補強となっており、買取オプションが有効となれば2026年迄の契約を締結する。

 マラガFCのユースにて育成された21歳について、シャルケのシュレーダーSDは「攻守における高い戦術理解度、積極的な対人戦での姿勢をもち、うちのオフェンスへと刺激をもたらしてくれる選手」と評価。昨季はブンデス2部ザンクトパウリにレンタル移籍し、そこで全34試合に出場。2部残留に貢献していた。

 そしてこれからはシャルケで背番号10を身につけることになる同選手は、「新しいチームメイトと共にピッチに立つよころびがとても大きい。昨シーズンではザンクトパウリでブンデス2部を精通しているし、このリーグで求められることも知っている。それをできるだけチームにもたらし、ファンのみなさんへピッチでお見せしたい」と意気込みをみせた。

フランクフルトから、さらに2選手がレンタル

 なお昨日火曜日の練習から解放され、激しい中盤争いを考慮して新天地を模索している、19歳のアリ・アクマンについては、水曜午後にはオランダのNECナイメヘンへ、さらに同じく19歳のフィン・オットーについても、こちらはブンデス3部ハレシャーへと、それぞれレンタル移籍することが発表された。両選手ともに成長のため実戦経験を積むため、1年間の武者修行の旅に出る。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報