ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月03日

シャルケがアミーヌ・アリを、マルセイユにレンタル

FC Schalke 04
FCシャルケ04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 移籍市場閉幕から2日が経過し、ようやくルーヴェン・シュレーダーSDも一息つけたことだろう。ブンデス2部降格を喫したFCシャルケ04では、この夏の移籍市場ではサラリーの削減と売却、そして補強を繰り返すタフな日々を過ごしてきた。その最後となったのが、アミーヌ・アリのマルセイユ移籍だ。

 フランス生まれのモロッコ代表MFは、買い取りオプションなしのレンタル移籍で加入することになり、「今回の移籍にはいくつかの側面があるよ」と、シュレーダーSDは説明。「一方では今季中に彼をレンタルすることでの節約、それと同時に彼の市場価値を高めることも視野に入れている」ところであり、できることならば欧州の舞台での活躍に期待したいところ。

 4年前に当時のハイデル競技部門取締役は、フランスのFCナントよりアリを、移籍金800万ユーロにて獲得。テクニックに長けたMFは初年度では納得のパフォーマンスをみせるも、2年目は規律問題や不振など多くの問題に揺れた同選手だったが、一昨季の前半戦では大きく飛躍。その結果2024年までの契約延長を締結していた。

 だがその後はチームと共に大失速となり、昨季は遂にブンデス2部へと降格。それまで24歳のモロッコ代表MFは、ブンデス1部通算では119試合に出場、13得点をマークしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報