ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年09月03日

マックス・マイヤー、エジル所属のフェネルバフチェに移籍

1. FC Köln
1. FCケルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 RBザルツブルクのメルギム・ベリシャと共に、マックス・マイヤーがフェネルバフチェ・イスタンブールへと加入することが発表された。25歳のドイツ人MFは、既に最終的な詰めの交渉とメディカルチェックを受けるために現地入りしており、ともにシャルケでプレーした背景のある元ドイツ代表、メスト・エジルとの再会を果たすことになる。

  今冬にクリスタルパレスとの契約を解消していたマイヤーは、「金銭面でかなり譲歩して」(ヘルト氏)ケルンに加入。最終的にケルンはブンデス残留に成功したものの、この夏の時点でシュマッケ競技部門取締役は、、地元紙に対して、「我々の今後の計画の中で含まれていない」ことを明らかにしていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報