ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

スカパー!ソース: |  2022年07月25日

シャルケ、ヴィクトル・パルションがワシントンDC移籍へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ昇格を果たしたFCシャルケ04の次の移籍選手は、ヴィクトル・パルションということになるかもしれない。31歳の守備的MFは現在、MLSのワシントンDCユナイテッドへの移籍の流れにあるとみられているところ。

 シャルケにてスポーツディレクターを務めるルーヴェン・シュレーダー氏によると、パルションが今回移籍を希望している理由は家庭の事情にあるとしており、移籍金額は50万ユーロほどが見込まれている模様。

 アイスランド代表として29試合に出場した経験をもつ同選手は、2019年よりダルムシュタット、そして昨シーズンよりシャルケにてプレー。ブンデス2部では95試合に出場して、6得点をマークしていた。
 
 またアミーヌ・アリについても引き続き売却候補となっており、レンタルでの移籍の可能性も除外。シュレーダーSDは「明らかに売却の方向に向かっている」とこれを認めており、昨夏のレンタル先オリンピック・マルセイユへの完全移籍の可能性も残されているようだ。

 ただそれ以外にもアリに関しては「彼には市場は開けている」と述べており、「トータルパッケージでみて、決して安いものにはならない」とコメント。数百万ではなく、もう1つ桁が増える金額を求めているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報