ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月24日

来季昇格のパダーボルン、3部からFWマンバ獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス1部復帰を果たしたSCパダーボルンは、来季は4部へと降格となったエネルギー・コットブスより、ストレリ・マンバを獲得した。昨夏にもパダーボルンは獲得を目指しており、今回は移籍金なしで迎え入れることになる。パダーボルンとの契約期間は3年。

 カールスルーエ、シュトゥットガルト、カイザースラウテルン、ザントハウゼン名度を経て、2016年にコットブス入りした24才のFWは、それ以降ブンデス3部36試合に出場して11得点5アシストをマーク。

 パダーボルンのマネージャーを務めるマルクス・クレーシェ氏は、「早い段階でストレリがパダーボルン入りを決断してくれたことを嬉しく思う」と述べ、「そのスピードと1vs1での高いクオリティを持ち合わせた、高い能力をもった選手であり、我々のプレーに対する考え方に完璧にマッチすることだろう」と語った。

 なおクレーシェ氏は来季よりRBライプツィヒに移籍することが確定しており、先日マインツより獲得したヤニク・フートと共に、今回のマンバ獲得がパダーボルンでの最後の仕事になる可能性もあるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報