ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月01日

パダーボルン、グラスホッパーからカピッチ獲得

SCパダーボルン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これからクラブ史上2度目となる、ブンデスリーガでの舞台が控えている昇格組SCパダーボルンは、既報通り23歳のボスニア・ヘルツェゴヴィナ人ボランチ、リフェト・カピッチを獲得したことを発表した。先日にケルンでは、シュトゥットガルトからフィリップ・クレメントの獲得を発表しており、同選手はそのバックアップとしての役割が期待されている模様。

 マネージャーを務めるマルクス・クレーシェ氏は、「テクニックに非常に長けており、プレイメイカーとしてのクオリティ、ゴールへの推進力やシュート力ももった選手だ」と評価。「うちの中盤を豊かにしてくれるクオリティ」をもった選手の獲得に喜びを見せている。

 最近ではスイス1部グラスホッパー・チューリヒから、母国のFKサラエボへとレンタル移籍していた同選手については、パダーボルンでは長期にわたってリストアップしていた模様で、今回の契約期間は2022年までの3年間となっている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報