ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月13日

最下位パダーボルン、アジェイのガーナ代表参加でA代表6名輩出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 クリストファー・アントウィ・アジェイが無事に、ガーナ代表としてこれから出場することが可能となった。ドイツのハーゲンに生まれた同選手は、ガーナ人の両親の下で生まれており、先月の時点でガーナ代表クウェシ・アッピアー監督より、今月のアフリカカップ予選に向けて招集したい考えが示されていた。ただ書類上の手続きに多くの時間を要す形となったものの、パダーボルンは無事に参加を果たす見通しであることを明らかんしている。

 なおパダーボルンではその他にもジャミル・コリンズがナイジェリア代表から、ジャミル・コリンズがルクセンブルク代表から、クラウス・ギャスラがアルバニア代表から、ルカ・キリアンがドイツU21代表から、そしてアジェイと同様に初招集を受けたセバスチャン・ヴィジリアディスもギリシャ代表への参加となり、これで最下位パダーボルンは合計6名のA代表選手を輩出することとなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報