ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年08月18日

バークがクリスタル・パレス移籍ならカンプル獲得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


昨夏にノッティンガム・フォレストより移籍金1520万ユーロを投じて獲得したオリヴァー・バーク。初年度ではリーグ戦25試合に出場するも、しかしながら先発出場は5試合のみ、わずか1得点に終わる失意のシーズンとなった。

そんな20歳のスコットランド人MFに対して、とりわけプレミアのクリスタル・パレスが関心。しかし移籍金額ではまだ合意点を見出せていない模様。

ただもしもバークを売却した場合に備えて、ライプツィヒはすでに後釜候補をピックアップ。それがかつてラングニックSDがザルツブルク時代に見出し、2年前にも獲得へと動いたケヴィン・カンプルである。

同選手はすでにレヴァークーゼンを退団する意向を明言。そのザルツブルク時代、そしてレヴァークーゼンでも監督を務めたロジャー・シュミット氏のいる中国はじめ、今夏での移籍の可能性が伝えられていた。

もしも獲得となれば移籍金額は2000〜2500万ユーロにのぼるとみられており、もしもこれが実現するならばライプツィヒは、クラブ史上最高額で27歳のスロベニア代表MFを迎え入れることになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報