ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月25日

フライブルク、ヨリッチ・ラヴェが筋損傷で3・4週間離脱

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日行われたテストマッチにて、負傷により途中交代を余儀なくされていたよリッチ・ラヴェ。その大腿筋には硬化が見られるだけでなく、さらに筋損傷も抱えていることが判明。

この試合では得点を決めた直後に負傷を抱えており、まさに昨シーズンも好調な出だしをみせながら、負傷により離脱を余儀なくされた28才のMFにとって、象徴的な負傷となってしまった。ただし離脱期間は3・4週間が見込まれており、ブンデス開幕戦までには間に合う計算となる。

その一方でロビン・コッホ(腱の問題)、ルーカス・キュブラー(足首の負傷)、ルカ・ヴァルトシュミット(筋肉系)、そして休養していたニルス・ペテルセンらが水曜日からチーム練習に復帰する見通し。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報