ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月31日

デュッセルドルフのホフマン「降格最有力?それはモチベーションだね」

ニュースサイトに掲載されないようにする
::
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 マリア・アルムにて行われたトレーニングキャンプで実施された、ワトフォードとアル・ヒラルの2試合のテストマッチにおいて、そのいずれの試合もフル出場を果たし、ここまでの準備期間で好印象を残しているのがアンドレ・ホフマンだ。

 昨季は元シャルケのカーン・アイハンと共にセンターバックコンビを形成した、元ハノーファーの25才。終盤では負傷により離脱を余儀なくされてしまったが、しかしながら「負傷の影響はまったくないよ。メンタル的にもね」と同選手。

 1年半前に1部ハノーファーから当時2部のデュッセルドルフへ移籍したことについて、「2段階上がるために1段階下がった」と表現した同選手だが、その言葉どおりブンデスの舞台へと、先発センターバックの有力候補としてまた戻ってきた。

 「以前の時と比べて、僕は成熟したし大人になったよ」と、アスレティシズムに長けたディフェンダーはコメント。「減量もしているし、とにかくいい感覚を覚えているんだ」と自信を覗かせる。

 そしてブンデス1部での戦いを前に「日増しに胸踊る挑戦だ。それにまたハノーファーとの対戦することは特別なことだしね」と意気込みをみせたホフマンは、「昨年はあまり1部昇格を期待されていなかったクラブだからね。降格最有力候補?それがむしろ僕たちをこれ以上ないほどにモチベーションを高めている」と言葉を続けた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報