ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年09月10日

勝利で国民に元気を…初陣に臨む森保一監督「タフに粘り強く戦う」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本代表の森保一監督が10日、キリンチャレンジカップ2018コスタリカ代表戦の前日会見に出席した。

 まずは会見冒頭で「台風21号、北海道大地震で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしています」と日本を襲った自然災害に触れた森保監督は、翌日に控えるコスタリカ戦で国民に元気を与えたいとの想いを語った。

「招集してからこれまで過ごした時間を無駄にすることなく、この1試合にぶつけたいと思います。我々はサッカーを通して、まずはピッチ上で、そしてピッチ外でもいろんな方に応援していただいています。サポーターをはじめとする日本国民に対して、そして今回は大阪や関西、北海道で被災された方々に対して励ましのメッセージを送る。なによりも明日の試合で我々がタフに粘り強く戦うということ。熱い試合をして頑張っている方々に励ましのエールを送れればと思っています」

 7日に予定していたチリ代表戦が中止となったため、コスタリカ戦は森保監督にとって初陣となる。「まずは勝負にこだわりたい」と必勝を誓った指揮官は、「日本らしく柔軟に」臨むつもりだ。

「ベースとなるボールの奪い合いのところで戦う姿勢を、見ている方々に伝えられるようにしたいと思いますし、日本人が持っている技術と規律の部分を試合の中でお見せできるようにしていきたいです」

「コスタリカはW杯が終わって監督が変わり、直近の韓国戦ではシステムが違いました。もちろんスカウティングはしていますけど、相手はこれだけしかやってこない、ということは考えず、柔軟に、臨機応変に対応力を持ってやっていきたいです」


きんg

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報