ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月01日

ハインツ「自信を胸に、キール戦へと臨む」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前節では、それまでリーグ戦2位と好調なボルシア・メンヒェングラードバッハを、ホームで返り討ちとしたSCフライブルク。これからは2部キールとのドイツ杯2回戦が待っているところだが、主将のマイク・フランツは「ちょっとした気の緩みが敗退へと繋がってしまうものだ。2部では上位の戦いを演じている。それに過密スケジュールという側面もある。」と警戒心を示しつつ、「うまく回復できたし、いい戦いをみせて、勝ち抜きたいところだね」と意気込みを語った。

またCBドミニク・ハインツは、「グラードバッハにホーム戦で勝利したからといって、それで僕たちがいい気になるということはない」と強調。「そのあたりにしっかりと配慮してくれる監督もいることだしね」と言葉を続けている。「とても落ち着いたチームだ。常にハードな仕事が待っていることはわかっている」

そして週末の試合では「グラードバッハ戦では団結したディフェンス力をみせることができた。僕たちから勝利をおさめるのは難しいというところをね。」と収穫を強調し、「自信をもって、キール戦へと臨むよ」と語った。

なお筋肉系に問題を抱えるルーカス・キュブラーにかわってパスカル・シュテンツェルが右サイドバックで出場、さらにグラードバッハ戦ではMOMに輝いたルカ・ヴァルトシュミットについても、内転筋に問題を抱えているとのことだが、特に出場には問題はないようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報