ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月01日

ウニオン、3番手に降格し移籍を模索するジェイコブ・バスク

fc-union-berlin
1. FCウニオン・ベルリン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 これまで1.FCウニオン・ベルリンで過ごした3年半では、長きにわたり先発GKとしてプレーし続けてきたジェイコブ・バスク。しかしながら一昨シーズンでは当時のホフシュナイダー監督よりメーゼンヘーラーのバックアップとして扱われた時期も経て、昨季はギキーヴィツに次ぐ2番手に。そして今季ではグラードバッハからレンタルで加入したニクラスに次ぐ3番手にまで降格してしまった。

 そのため先日にビーレフェルトへと移籍したマルセル・ハルテルと同様に、バスクも移籍に思いを巡らせていることに驚きを覚える必要はないだろう。実際に今冬では英2部ブレントフォード移籍に向け「もう荷物をまとめる」ところまで迫ったが最終的には破談に。できることならば母国のデンマークではなく、せめてブンデス2部での移籍を希望しているところであり、「プレーすることも大事だけど、そこでのレベルも意義あることだ。家族のこともね。いろんなことを考えないと」とどう選手は語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報