ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月03日

バックアップ以上の存在:デュッセルドルフのスットナー

ニュースサイトに掲載されないようにする
::
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 先日に完全移籍で、フォルトゥナ・デュッセルドルフへの移籍が発表された、マルクス・スットナー。しかしながら確かにディエゴ・コンテントが前十字靭帯断裂明けの状態にあるとはいえ、ニコ・ギーセルマンが君臨する左サイドバックは決して、緊急を要する補強ポイントではなかった。「しかし昨季後半戦ではスットナーはチームを鼓舞し、そのパフォーマンスで盛り上げてくれていた」と、マネージャーを務めるプファンネンシュティール氏は評価。

 実際にギーセルマンとスットナーは共存も可能であり、両選手ともに左サイドバックのみならず、ウィングとしてもプレーが可能。サイドバックにギーセルマン、ウィングにスットナーという組み合わせは特に、オフェンスに長けたチームを相手にした際に有効な手段だ。つまりは単純なバックアップ以上の存在であり、さらにスットナーはすでにデュッセルドルフを知ることからもチームに慣れていく必要はないこともプラス材料だといえるだろう。これでデュッセルドルフの残る補強ポイントは、センターバックということになった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報