ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月19日

パダーボルン、昨季守護神のツィンガーレが実戦復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  ドイツ杯初戦でのアウエ戦、そしてブンデス開幕戦でのレヴァークーゼン戦と、ここ1週間で公式戦2試合を戦った昇格組SCパダーボルンは、日曜日に非公開形式にて、DSCアリミニアとのテストマッチを実施した。

 そしてこの試合では、昨シーズンで守護神を務め、その最終節で肩関節を負傷。開幕前にバウムガルト監督は「最初の数試合では、確実にオプションになることはない」と明言しており、ここまで欠場していたレオポルド・ツィンガーレが先発出場。ブリュッゲマイアーと交代するまで、前半いっぱいでプレーしている。

 なおこの2試合では、マインツから今夏に加入したヤニク・フートが先発出場。バックアップにはベテランのラタイチェクが入っており、ドイツ杯ではPK戦の末に4部レディングハウゼンから勝利をおさめ、レヴァークーゼン戦でも前半は2−2でなんとか折り返したものの、最終的には2−3と黒星発進となった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報