ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月24日

連続先発も負傷交代の宮市亮、しかし大事には至らず

FC St. Pauli.
FCザンクトパウリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 度重なる膝の負傷を乗り越え、復活をめざす宮市亮。加入から3年間の間に、両膝の前十字靭帯を断裂、さらに今年の4月でも膝に負傷を抱え離脱を余儀なくされてきた宮市亮。

 しかし復活をかけて臨む今シーズンでは、開幕前から負傷箇所の筋力強化にも務め、復帰戦となったブンデス2部第6節インゴルシュタット戦では、70分の出場からいきなり決勝点をマーク

 第9節には遂に先発出場を果たすと、続く昨日に行われたブンデスリーガ2部デュイスブルクとのアウェイ戦でも連続で先発出場。だが後半途中に筋肉系の問題を抱え、63分に交代を余儀なくされていた

 だがその翌日には、ザンクトパウリは公式Twitterにて「昨日のデュイスブルク戦にて、筋肉系の問題を抱え交代した宮市亮ですが、火曜午後は治療を受けており、水曜日から再び練習に参加する見通しです」と報告。大事には至らなかったことを明らかにしている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報