ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月31日

負傷交代の宮市亮、大事には至らず

FC St. Pauli.
FCザンクトパウリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨日火曜日に行われたブンデス2部ダルムシュタット戦にて先発出場し、前半37分にPA右からメラー=デーリによって供給されたセンタリングに、絶好のタイミングで飛び込み先制点を決めた宮市亮。

 だが後半57分ころに、宮市はピッチに倒れで治療を受けることに。その際に大腿筋裏を抑えており、間も無くしてソボタとの交代を余儀なくされていた。ただしピッチ横を歩いてベンチへと戻る際には、特に支えを受けることなく自らの足で歩く姿が見受けられている。

 そして翌日の午前にはフランクフルト中央駅にて、チームメイトらと共にたった状態で写真撮影。午後には、ザンクトパウリ公式ツイッターにて、「ダルムシュタット戦にて負傷交代した『背番号12』宮市亮ですが、大事には至っておらず筋肉に硬化がみられており、個別メニューでトレーニングしています」と、エアロバイクに乗る宮市亮の写真を併せて掲載し報告された。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報