ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月16日

FWのオプションが大幅に改善されたザンクトパウリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 シーズン開幕当初では、深刻なストライカー不足に悩まされていたブンデス2部FCザンクトパウリだが、しかしながら今夏の移籍市場と今季2度目の代表戦期間が経過した今、明らかに状況の改善が見受けられている。

 開幕時ではボリス・タシュチーが内転筋に問題を抱え、そしてシモン・マキエノクも足首を負傷しており、まだギド・ブルクシュタラーをFCシャルケ04より迎え入れることはできていなかった。

 そのためシュルツ監督は応急措置を講じざるを得ず、本来はトップ下を本職とするダニエル・コフィ・キェレーを時にウィング、そして時にトップで起用。ただそこで24才のオフェンシブプレイヤーは3得点をマークするなど期待に応えてみせている。

 そしてこれからはストライカーのオプションが大幅に改善したことで、そのキェレーを本来のトップ下へと配置し、そしてシュミット監督が「完成された選手。」と賛辞を贈るブルクシュタラーと共に、FWコンビを形成することが考えられるだろう。またタシュチーについても、ブレーメンとの練習試合で一矢報いるゴールを決めたところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報