ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月04日

復帰目指す宮市亮、シュルツ監督は「非常に良い感じ」

FC St. Pauli.
FCザンクトパウリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

©︎ imago



 ドイツの大衆紙ビルトは、2020年6月はじめに行われたブンデス2部、VfLボーフム戦を最後に、ここまで欠場が続いているFCザンクトパウリ所属、宮市亮が復帰に向けてランニング、体づくりへと勤しんでいることを伝えた。

 記事の中で、ティモ・シュルツ監督は「非常に良い感じに見える」とコメント。ただそれでも「敢えて、予想を口にすることはしないようにしている」とも強調しており、「筋肉系の負傷に関しては、十分に注意が必要なものなんだ」と言葉を続けている。

 宮市は当初は内転筋付近に問題を抱え、その後はふくらはぎの問題に苦しんできた。「亮が戻ってきてくれたら、我々全員にとってハッピーなことだよ」と語った指揮官は、今季中の復帰に自信を示し、「亮はまったく別の要素をもたらしてくれる存在だからね」を期待を寄せた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報