ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月09日

シュルツ監督「宮市亮は、以前からお気に入りの選手」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 土曜午後に行われるブンデス2部第28節アウエ戦に向けた、木曜日の会見にてザンクトパウリのティモ・シュルツ監督は、負傷による長期離脱からの復帰を目指す宮市亮が、まだこの試合ではオプションにはならないことを改めて強調した。「彼はまだメンバーの候補にはならないよ」

 今季は恥骨炎、そしてふくらはぎの問題より欠場が続いている日本人ウィンガーだが、ただそれでも指揮官は「実際のところ、良い感じにはこれている。ただまだ様子を見ていかなくては」とコメント。「練習で11vs11形式を、3・4回はこなしておきたいところだね」と、具体的に説明している。

 そして改めて「亮は2部リーグにおいてトップレベルの要素を持っている。彼のことはとても気に入っているよ」と評価。同クラブにて選手、そしてコーチとして15年間に渡り在籍してきた43才は「それは外からみていた時から、そうだったんだ」と語った。

 契約満了を迎える今シーズン。再び和製ロケットは、そのシュルツ監督の前で、その爆発力をみせつけられるだろうか。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報