ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年05月11日

トーレ・レギニウセンが現役引退「ファンとしてまた来る」

FC St. Pauli.
FCザンクトパウリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今シーズンいっぱいをもって、ブンデス2部FCザンクトパウリ所属のトーレ・レギニウセンが、現役生活にピリオドを打つ決断を下した。「今シーズンをもって、プロとしてのキャリアに幕を下ろすことにした。尽きることのない素晴らしい瞬間が詰まった旅だった。このような経験をさせてくれた全てに、そしてこれまでに出会った全ての人たちに対して、ずっと感謝の気持ちを持ち続けていく。今は新しいチャプターに進む時がきた」

 1月にローゼンボリ・トロントハイムからザンクトパウリに移籍した35歳のディフェンダーは、それからブンデス2部9試合に出場。2010年にはFCシャルケ04で1試合出場した経験ももち、キャリア通算でヨーロッパリーグ26試合に出場。ただザンクトパウリでは多くの出場機会を得たわけではなかったが、それでもハンブルクでの生活は「とても楽しかった。この素晴らしいファンたちが満員に詰めかけたスタジアムでプレーしたかったよ。でも必ず僕は、ザンクトパウリファンとしてここミラントーアに帰ってくる」と誓った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報