ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月05日

元St.パウリの宮市亮、横浜Fマリノスと契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 宮市亮がブンデス2部FCザンクトパウリを離れ、母国の日本へと帰還することが明らかとなった。28歳のウィンガーはJリーグ、横浜Fマリノスへと加入する。

 それまでレンタルを繰り返していたFCアーセナルより、2015年にFCザンクトパウリへと加入した同選手だったが、在籍期間では度重なる負傷に苦しみながら、ブンデス2部77試合に出場して8得点をマークしていた。

スヴェンド・ブローダーゼンも横浜へ

 さらにブローダーゼンもこれに続いた。東京五輪メンバーの24歳GKもまたザンクトパウリとの契約を満了して同じ横浜へ、ただこちらは横浜FCへと加入しており、これから日本のレジェンドの三浦知良とチームメイトとして戦っていくことになる。

 ザンクトパウリにて育成され、トップチームで6試合に出場した同選手は、加入について「子供の頃、任天堂、ゴジラ、侍など日本の文化に大きな影響を受けた。それ以来、日本にくるのが夢だったんだ」と述べ、「夢が叶った」ことへの喜びをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報