ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月14日

シュトゥットガルト、カミンスキがしばらく離脱へ

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マルチン・カミンスキがこれから長期間にわたって、離脱を余儀なくされることが明らかとなった。金曜日に行われたケルン戦にて勝利をおさめたシュトゥットガルトではあったのだが、ポーランド人CBは前半18分に、大迫勇也のシュートを防ぐ際に負傷。そのまま交代を余儀なくされ、病院へと搬送された。

試合後に、ハネス・ヴォルフ監督は「病院にいる。ただ骨には異常がないことは明らかだ。レントゲン検査は終わっているのでね」と説明。「だが靭帯を損傷していることだけは間違いないと思うよ。だからしばらくは離脱を余儀なくされるだろうね」との見方を示している。

そしてそのヴォルフ監督の嫌な予感は、その翌日に行われた精密検査にて確認されており、カミンスキは足首の2本の靭帯を断裂していたことが判明。これから5・6週間の離脱を余儀なくされることとなった。

昨季では守備の要として1部昇格に貢献した同選手は、今期はここまで開幕から全試合でフル出場。今節も先発に名を連ねており、ここまではkicker採点平均3.64をマークしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報