ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2017年10月19日

シュトゥットガルト、今度は先発ウィングのドニスが長期離脱へ!

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


シュトゥットガルトに残念な知らせが届いた。アナスタシオス・ドニスが水曜午後に行われた練習にて肩を負傷。これから5・6週間の離脱を余儀なくされるという。

シュトゥットガルトが発表したところによれば、今夏に加入した21歳の攻撃的MFは手術を受ける必要があるとのことで、つまりは11月終わりまで同選手を欠いてシーズンに臨むということに。

ドニスにとってはまさに不運とも呼べるタイミングでの負傷だ。先日行われたケルン戦では、ブンデス初得点をマークするなど、ここまで開幕から8試合で5試合で先発出場。


先日は「街もクラブにもとても居心地の良さを感じるし、出会った人々も同じだ。」と述べ、これまでの戦いについて「ケルン戦とヴォルフスブルク戦でベストパフォーマンスだったね。当初は少し苦しんだけど、でもいまはとても良い感じだ。」とコメント。

規律の問題で揺れたこともあったが「あそこから学んだ」と振り返っており、ライプツィヒ戦にむけて「ブンデストップクラスのチーム。難しいタスクだけど僕たちも悪いチームではない。確かに昇格組として残留が目標ではあるけど、若いチームだし伸び代がある」と目を輝かせていた矢先だった。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報