ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年07月26日

手術回避のアンドレアス・ベックが早くも実戦復帰

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日行われた2部ザントハウゼンとのテストマッチでは、「前半はとても若いチームで構成されていたという部分をみせてしまったと思う。」とタイフン・コルクート監督が述べたように、準備期間ということでフィジカル面での問題に加え、ポゼッションにおいても問題を抱える姿を露呈していた。「それに(新戦力加入で)お互いを知り合っているという段階でもあるしね」

その一方でアンドレアス・ベックが前十字靭帯の部分断裂から3ヶ月ぶりに30分間の実戦復帰。「本来なら3・4週間前でもできたかもしれないんだけど、でも僕たちとしてはしっかりと時間を活かしたかったんだ」と同選手。体づくり、体幹トレーニング、スタミナ、そして今回の実戦復帰。「仮に4月終わりか5月はじめに手術を受けていれば年内のプレーはなかったかもしれない」と31才のベテランSBは順調な回復に胸をはりながらも、最初の公式戦8月18日のポカール1回戦ロストック戦での出場については「時間が足りないよ」と慎重な姿勢も強調していた。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報