ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月30日

シュトゥットガルト、退場処分のインスアに2試合の出場停止処分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfBシュトゥットガルトはこれから2試合、エミリアーノ・インスアを欠いて臨むことを余儀なくされた。アルゼンチン人DFは、週末に行われたホッフェンハイム戦にて退場処分を受けており、月曜日にDFBスポーツ裁判所から出場停止処分が言い渡されている。

 試合開始からわずか8分後、インスアはボールに向かい高く足を上げたところ、そこに相手DFパヴェル・カデラベクが頭で向かい蹴られる結果に。その後にビデオ判定審判員と協議した結果、主審のヴィレンボルク審判員は退場処分を命じている。

 これを受けてDFBスポーツ裁判所では、そのインスアに対してリーグ戦2試合の出場停止処分を科した上に、さらに罰金として1万ユーロを請求。これにより週末のフランクフルト戦、そしてその翌週のニュルンベルク戦での欠場を余儀なくされた。


 なおシュトゥットガルトでは左サイドバックのオプションとして、本来はデニス・アオゴが控えているものの、しかしながら胃腸炎のためにこの日は欠場しており、そのため攻撃的選手のエリック・トミーを急遽代役として立てたが、しかしながら相手選手のブレネットに良いようにやられて2失点に絡むなど低調な結果に。試合後、ヴァインツィール監督は「左サイドに問題を抱えて敗れてしまった」と肩を落としている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報