ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年10月01日

シュトゥットガルト、ドニスとアオゴが負傷交代

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


喉から手が出るほど欲しかった今シーズン初勝利を手にしたVfBシュトゥットガルト。しかしながらその代償はどうやら高くついてしまったようだ。

この試合でダニエル・ディダヴィとの見事なコンビネーションプレーから先制点を決めたアナスタシオス・ドニスだったのだが、後半にスプリントをした際に大腿筋に痛みを感じて間も無くして交代。そしてその後に検査を受けた結果、筋束断裂という重傷を負ったことが明らかとなっている。

さらに同じブレーメン戦では、デニス・アオゴも負傷交代。31才の守備のオールラウンダーは、左大腿筋に筋損傷がみられているとのことで、ただクラブ側からはドニスと同様に「しばらくの間」離脱するとだけ発表がなされた。

なおどのアオゴの代わりに投入されたゴンザロ・カストロは決勝点をマーク、これによりシュトゥットガルトは今シーズン初勝利を収めることに成功している。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報