ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月12日

シュトゥットガルト、元ケルンのモデストに関心か

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 最近7試合でわずかに1勝、ここまで10試合で勝ち点5と、昇格組デュッセルドルフに並び最下位に沈んでいる、VfBシュトゥットガルト。すでに今シーズン最初の監督交代劇を演じており、今冬には選手の補強も視野にいれていることだろうが、マルクス・ヴァインツィール監督は、当然のことながら既存の戦力たちのことだけに、集中していく考えを強調している。

 「今は自分たちの力で影響を与えられることだけを考えて行くよ。今は既存の戦力だけに集中しているんだ。それぞれが練習でのパフォーマンスをみればやれることはわかる。あとはどう私が見極めて行くかなんだよ。それに今は、選手を獲得できるような状況ではないのだし」

 ただマネージャーを務めるミヒャエル・レシュケ氏は、すでに今冬の補強にむけてすでに着手。大衆紙ビルトが報じたところによれば、その視線の先にいるのは元ケルンのアンソニー・モデストのようだ。かつてブンデスで得点王争いを演じた、フィジカルなプレーが武器のFWは、最終的には移籍騒動の末に中国の天津権健入り。

 しかしそこで不満を募らせ、2020年までとなっていた契約も解消されたとも伝えられており、現在はケルンの下部チームにて、体調維持に務めているところだ。もしもシュトゥットガルトが獲得するのであれば、さらに金銭面が1つのポイントということにもなるだろう。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報