ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月19日

早くもアルティントップAC効果?元同僚トミーが賞賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 最下位VfBシュトゥットガルトは先日、ひとまず年内までアシスタントコーチとして、ハリル・アルティントップ氏の招聘を発表。果たしてそんな短期間で、どれほどの影響を与えられるのか?しかし選手たちからは、すでにその効果が口にされてる。

 代表戦前に行われた1.FCニュルンベルクとの下位決戦では、決めた2得点のいずれもコーナーキックからのものであり、『アルティントップ効果』?との質問に主将クリスチャン・ゲントナーは笑顔で「いずれにせよ、こういう流れになっているのはいいことだよね」とコメント。さらにその流れは、先日のテストマッチでも見られており、相手GK阻まれこそしたものの、ケンプやインスアがセットプレーから良い場面をみせていた。

 だがセットプレー以外の効果を語っているのが、アウグスブルク時代にチームメイトだった経験を持ち、エリック・トミーである。「ハリルは経験豊富で、サッカーにおいて何が重要かを知っているんだ」と述べ、「アウグスブルクでもチームにとってとても重要だったよ」と説明。「経験」、「集中力」や「落ち着き」をもたらしてくれる存在として「チームの助けとなってくれている」と語っている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報