ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2018年11月29日

最近2試合でフル出場のケンプ、週末にもチャンス?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今夏には大いに期待感をもってフライブルクからシュトゥットガルトへと加入した、マーク=オリヴァー・ケンプ。左利きのドイツユース代表CB、しかしながら移籍当初はなかなか出場機会を得られず、その後は大腿筋に負傷を抱えて離脱。シーズン当初は悔しい日々を過ごす結果となった。

 ただ最近2試合では先発出場。いずれもフル出場を果たし、初戦のニュルンベルク戦では、マルクス・ヴァインツィール監督就任以来初勝利にも貢献した。このまま週末の試合でも先発出場を続けることになるのだろうか?しかし状況はそこまでバラ色とはいかない。

 まずニュルンベルク戦で出場機会を得た理由は、左サイドバックのインスアが出場停止にあったための代役であり、前節ではセンターバックのティモ・バウムガルトルが胃腸炎のために急遽欠場したことを受けてのもの。今節からはバウムガルトルの復帰が見込まれており、おそらくはパヴァールと共にCBコンビを形成することだろう。

 残る先発の可能性は、本職とは異なるものの左サイドバックであり、そこには数年にわたり主力を務めてきたインスアが。しかし今季の同選手は負傷の影響もあってかなかなか期待に応えることはできておらず、前節のレヴァークーゼン戦でも失点に絡むなど、ここまで出場した7試合のうち実に6試合がkicker採点4よりも下回る低調なパフォーマンスとなっている。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報