ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月02日

シュトゥットガルト、パヴァールが今冬キャンプ不参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 本日水曜日から木曜日にかけて、パフォーマンステストを実施しているVfBシュトゥットガルト。しかしながらその選手たちのなかには、ベンジャマン・パヴァールの姿は見受けられない。

 今夏にロシアW杯で主力としてフランス代表優勝に貢献し、一躍注目を浴びる存在となった若手DFだが、第14節のグラードバッハ戦にて大腿筋の筋束を断裂。長期離脱へと入っており、今冬のトレーニングキャンプのみならず、後半戦の出だしでも欠場が見込まれているところだ。

 またアルゼンチンに帰省していたエミリアーノ・インスア、サンチアゴ・アスカシバル、そしてニコラス・ゴンザレスについては、直接キャンプ地スペインのラ・マンガへと向かい、長距離移動の負担の軽減をはかっている。


 さらにシュトゥットガルトは公式ツイッターにて、契約を昨年末まで結んでいたハリル・アルティントップACが、今季いっぱいまで従事することを発表。同氏は特にセットプレーに特化してコーチングを行なっているところだ。さらに監督ライセンス取得を目指しているアンドレアス・ヒンケル氏も、学業と平行して入閣することが明らかとなった。

 またダイムラー社につぐ、第2の投資会社を模索しているシュトゥットガルトでは、現在はフランスのラガルデール社との交渉に入っている模様。同社はこれまでにもドルトムントやフランクルトとも提携した実績をもつ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報