ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月14日

シュトゥットガルト、トルコ期待の若手DFオザンに関心も・・・

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 数日前にはホルガー・バートシュトゥーバの売却も視野に入れていることを明かしていた、VfBシュトゥットガルト。そういった背景からも、これまでにも指摘されていたトルコ期待の若手DFオザン・ムハメド・カバクへの関心については、さして驚きを覚える必要はないだろう。

 身長は186cm、現在はトルコU18代表としてプレーする18才と所属するガラタサライとの契約は2020年までであり、加えて移籍金750万ユーロで獲得可能となる例外条項も含まれている模様。

 トルコのアンカラ出身で、一貫してガラタサライのユースからトップチームへの階段を上ってきたオザンは、昨年5月12日に行われたイェニ・マラティヤスポル戦にてトップチームデビュー。今季はここまでリーグ戦13試合に出場して12試合でフル出場。チャンンピオンズリーグでもシャルケ戦2試合(kicker採点平均4)など、4試合でフル出場した。

 ただその一方でFCワトフォードからの関心も伝えられたオズカンは、そもそもプレミアへの移籍志望をもっており、さらにkickerが得た情報では所属するガラタサライとは契約更新について交渉中。そのため移籍金額が750万ユーロからさらに上昇してしまう危惧もあるというのが現状だ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報