ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月24日

バウムガルトルが不調を訴え、カバクがバイエルン戦でデビュー?

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日には王者バイエルン・ミュンヘンとのアウェイ戦が控えている、VfBシュトゥットガルト。マルクス・ヴァインツィール監督は、「シンプルだ、相手が圧倒的に本命であり、我々には失うものはない」とコメント、「いいパフォーマンスをみせて勝ち点を得られたらいいね」との考えを強調した。「ドローでも成功だよ」

 だがその試合で、若き守備の要ティモ・バウムガルトルを欠いて臨むことになるかもしれない。同選手は水曜日の練習中に、めまいを訴えて中断を余儀なくされており、「胃腸炎か、そのほかの何かが原因なのかはわからない」とのこと。これから精密検査を受けることになるが、1年前にも訴えていた頭痛のためにしばらく離脱を余儀なくされていた経験もある。「これから経過を見ていくことになるよ

 そのためこの試合では、今冬にガラタサライから加入したばかりの、オザン・カバクがバイエルン・ミュンヘン戦で、デビューを飾る可能性もあるだろう。18才のCBの印象について、指揮官は「オープンで、学習意欲もった」性格と「ガラタサライで目にしたパフォーマンスをピッチで発揮している」と評価。「早く慣れてきてはいるが、時間が必要だ。我々はパヴァールの後釜として、ゆっくり時間をかけて準備するために獲得しているのだから」と慎重な姿勢をみせた。

 さらにこのバイエルン・ミュンヘン戦でのデビューとなれば、特に注目を集めることも慎重になる要因でもあるだろう。王者との一戦というだけでなく、そもそもバイエルンもまたカバクの獲得を目指し、セルゲ・ニャブリと同様に獲得後にシュトゥットガルトへのレンタルを模索していたとみられており、だがそのバイエルンにパヴァールが移籍するシュトゥットガルトはこれを拒否したという経緯があるのだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報