ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年01月29日

シュトゥットガルト、ナポリのユネスに関心

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季はセリエAのSSCナポリにて、ほんのわずかな出場時間のみにとどまっているアミン・ユネス。そんな同選手の代理人がdpaに対して、「今冬に動きにでることを考えている。いくつかドイツとイタリアにオプションがある」と語ったことに、さして驚きを覚える必要はないだろう。

 そこで関心を示しているクラブとして名前があがったのが、VfBシュトゥットガルトだ。「確かにナポリで居心地の良さは感じているが、しかし当然もっとプレーしたい。それはアンチェロッティ監督も理解していることだ。ただうまくマッチしないことには。アミンはここでチャンスを模索していくことになるだろう」

 2000年にグラードバッハの門を叩き、そこでプロへの階段を駆け上がったユネスは、ブンデス1部通算28試合、レンタル先の当時2部カイザースラウテルンでは14試合に出場。そして2015年から移籍したアヤックスでん活躍により、ドイツ代表としても5試合に出場しているが、しかしかながらナポリでは苦しい状況へと置かれている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報