ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月11日

就任から早くも10敗目、しかしヴァインツィール監督続投へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜日に行われた昇格組フォルトゥナ・デュッセルドルフとの下位決戦でも、危険な場面はあまり見せることができずに敗戦を喫した、VfBシュトゥットガルト。これにより、今季途中から就任したマルクス・ヴァインツィール監督は、これまでリーグ戦14試合のうち実に10敗目を記録。進退問題にまで発展をみせている。

 後任候補として名前が浮上しているのは、鬼軍曹の愛称でも知られる老将フェリックス・マガト氏の他、2005年から2年に渡ってシュトゥットガルトのユースで監督を務め、2018年1月までハンブルクにて監督を務めていたマルクス・ギズドル氏。

 そのほか下部チームからの引き上げも考えられたが、ただ昨晩続いた長い話し合いの末に、月曜日にも話し合いは行われるようだが、kickerが得た情報ではひとまず、ヴァインツィール監督続投という流れにあるようだ。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報