ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年02月19日

ヒツルスペルガー氏が、国営放送の解説を退任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツ国営放送ARDと、トーマス・ヒツルスペルガー氏は、火曜日に話し合いを行なった結果、2020年まで延長していたサッカー解説者としての契約を解消することで合意へと達した。

 ヒツルスペルガー氏は先日、VfBシュトゥットガルトのマネージャーとして、ミヒャエル・レシュケ氏の後を引き継ぐ形で就任しており、ARDのスポーツコーディネーターを務めるアクセル・バルカウスキー氏は、「VfBシュトゥットガルトにおける新たなタスクによって、残念ながら解説者を引き続き務めていただくことが困難となった」と説明。

 「我々はこの関係にピリオドを打たなければならないことを大変に残念に思う。ヒツルスペルガー氏は数年間にわたり、卓越した分析、そして明確な意見と素晴らしい観察眼によって、我々のテレビ中継を豊かにしてくれていたよ」と言葉を続けている。

 一方でヒツルスペルガー氏は、これまでの解説を務めてきたことに「深く感謝している」と述べ、「代表戦やドイツ杯を、ARDで解説させていただいたことは大きな喜びだった。ただこれからシュトゥットガルトでマネージャーとしての新たなチャプターを迎えるにあたり、私は全身全霊をもって従事したいと思ったんだ」と説明した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報