ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月07日

シュトゥットガルトの元クラブ史上最高額獲得選手マッフェオ、すでに構想外へ

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨夏にVfBシュトゥットガルトが、当時のクラブ史上最高額となる移籍金1000万ユーロを投じて迎え入れた、パブロ・マッフェオ。だが秋にはクラブや街に対する不満を公に対して漏らしており、クラブ上層部では改善を求めていたもののそれが果たされることなくプロフェッショナルさに欠け、さらに今冬では移籍を求めるも受取手はなく残留。

 それからは練習ではチームメイトらが再び迎え入れるよう努めたが、しかしマッフェオ自身にはその意思はなく、その居場所はもはや観客席以外にはないところまで行き着き、最終的にはトップチームでの練習から外されることとなった。

 守備面での仕事ぶりよりも、他人からの評価が自らのものとかけ離れていることへの不満の方がより目立っており、kickerが得た情報によれば、先日の水曜日から同選手は別メニューでのトレーニングそ行なっており、おそらくシーズン終了までこの状況に変化はないだろう。また代わりに下部チームでプレーする可能性についても、現在はそちらでも残留争いを繰り広げていることから困難とみられる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報