ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年04月16日

ハヴェルツに唾を吐きつけたアスカシバルに、6試合の出場停止処分

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 現在は入れ替え戦となる16位へと低迷が続くVfBシュトゥットガルトだが、これから長期間に渡って中盤の主力を担う、サンチアゴ・アスカシバルを欠いて残る残留争いへと臨むことを余儀なくされた。

 週末に行われたバイヤー・レヴァークーゼン戦での試合終盤に、同選手は相手MFカイ・ハヴェルツに唾を吐きつけており、その行為は試合後も議論の対象となっていた。そしてその翌日にはすでに、クラブ側から罰金を命じられていたアスカシバルだったが、さらにドイツサッカー連盟スポーツ裁判所からは、「スポーツマンシップに反する行為」として、これから6試合にも及ぶ出場停止処分を受ける結果に。

 すでにシュトゥットガルト、そして選手側もこの判断を受け入れていることから、残りのリーグ戦5試合は全て全休。仮にこのまま入れ替え戦へと進出した場合には、その初戦でも欠場を余儀なくされるものの、ただ第2戦では出場する可能性が残されたことにはなる。

 これまでシュトゥットガルトでのリーグ戦56試合で20枚もの警告を受けてきた若きアルゼンチン代表については、その指揮官からもその感情のコントロールを求められているところであり、「今回のことについて、クラブやチームメイトにすでに謝罪した」とアスカシバル。「もちろん相手選手のハヴェルツにも謝罪する、たしかに挑発されたとはいえ、決してやっていい行動ではなかった」と言葉を続けた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報