ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月08日

シュトゥットガルト、ベテランSBベックが膝を手術

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 VfBシュトゥットガルトのアンドレアス・ベックが、膝の手術を受けるために、一足早くシーズンを終えることになった。32才のベテランSBは、先日行われたベルリン戦にて、右膝の半月板を損傷しており、後半64分に交代。スタジアムからは、患部をバンデージで分厚く巻いて後にしていた。

 そしてシュトゥットガルトは、「近く」手術を受ける必要があることを発表。離脱期間は4〜6週間が見込まれており、入れ替え戦進出となっても復帰には間に合わない。

 マネージャーを務めるトーマス・ヒツルスペルガー氏は「彼は模範的選手。常にチームのためを思ってくれる。彼の離脱はこの重要な時期で痛いが、しかし手術が無事に成功し、リハビリが早くうまくいくことを願っているよ」とエール。

 ベックは「ぜひ残りの試合でチームの助けとなりたかったが、残念ながらそれは不可能となってしまった。チームメイトの健闘をいのると同時に、必ずや1部残留を果たしてくれるものと信じている」と語った。

 昨年4月にも膝の前十字靭帯に部分断裂を抱えていたベックは、ここまでシュトゥットガルトではリーグ戦74試合に出場(2得点)、今季はここまでリーグ戦24試合に出場している。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報