ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月10日

シュトゥットガルト、ディエゴ・クリモヴィッチの息子マテオ獲得

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りVfBシュトゥットガルトは、マテオ・クリモヴィッチを獲得したことを金曜日に発表した。なお同選手の父ディエゴ・クリモヴィッチは、かつてフィジカルに長けたFWとしてヴォルフスブルクやドルトムント、ボーフム等でもプレーした経験を持つ人物。

 一方で18才のマテオは現在、父の古巣でもあるアルゼンチン2部インスティトゥートACコルドバにてプレー。移籍金額はおよそ190万ユーロながら、成果におうじて最大230万ユーロまで上昇可能。これで9割の保有権を手にすることになる。

 同選手は「シュトゥットガルトの移籍によって、僕は1つの夢を実現することができた。新天地での新シーズンを心待ちにしている」と喜びを述べ、マネージャーを務めるヒツルスペルガー氏は「他クラブからも多く関心が寄せられていた、才能ある若者」の獲得に喜びをみせた。

 なおシュトゥットガルトには現在、エミリアーノ・インスア、サンチアゴ・アスカシバル、ニコラス・ゴンザレスが在籍。マテオは実に、4人目のアルゼンチン人選手ということになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報