ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月11日

2部キール、ヴァルター監督へのシュトゥットガルトからのオファーを認める

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 すでにkickerではブンデス2部ホルスタイン・キールのティム・ヴァルター監督が、VfBシュトゥットガルトへの移籍で合意に達していることをお伝えしており、あとは2020年まで契約を残すクラブ間での交渉となるが、地元紙キーラー・ナハリヒテンに対してマネージャーのヴォールゲムート氏は、シュトゥットガルトから正式に問い合わせが届いていることを認める発言を行なった。43才の指揮官の獲得には移籍金として100万ユーロほどが求められ、すでに交渉はスタートしている模様。

 昨夏にケルンへと移籍したアンファング監督の後任として、バイエルンのユースチームからキールの監督へと就任したヴァルター氏は、チーム再建というタスクのなかでシーズン終盤までに1部昇格を争う戦いぶりを披露。ただもうそのチャンスは潰えてしまったのだが、ただクラブ間で合意に達するならば、来季にはブンデス1部の舞台で指揮をとることになる。なおシュトゥットガルトではさらに、そのキールで右サイドバックの主力を務める、ヤニック・デームも迎え入れる可能性がある模様。こちらもキールとの契約は来季いっぱいまで。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報