ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月13日

デュッセルドルフ、シュトゥットガルトIIからカステンマイアー獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フォルトゥナ・デュッセルドルフは来季にむけた新戦力の獲得を発表した。VfBシュトゥットガルトのセカンドチームより、フロリアン・カステンマイアーと、2022年までの契約を結んでいる。

 「大きな伸び代をもった選手だ」と、マネージャーを務めるプファンネンシュティール氏はコメント。21歳のGKは「モダンなGKプレーをみせる選手であり、さらに典型的なGKとしての能力も兼ね備えている」とそのクオリティを評価。

 ヤーン・レーゲンスブルクにて育成されたカステンマイアーは、2013年から2017年までアウグスブルクにてプレー。最近2シアーズンはシュトゥットガルトのセカンドチームにて、ブンデス4部相当55試合に出場。「フォルトゥナでの時間を楽しみにしている」と語った同選手は、「成功にみちた、素晴らしい時間を過ごしたい」と意気込みをみせた。

 なおデュッセルドルフでは現在守護神を務める、ミヒャエル・レンジングとの契約延長に迫っているとみられているところであり、さらに先日2部降格が決まったハノーファーのミヒャエル・エッサーに対してオファーを提示。なお若手ヤニック・タイセンとは、先日のプロ契約を締結した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報