ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月24日

【入替戦第1戦シュトゥットガルト2−2ウニオン・ベルリン】結果、コメント

VfB Stuttgart
VfBシュツットガルト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年5月23日20時30分〜(日本時間27時半)

【スタジアム】メルセデスベンツ・アレナ(シュトゥットガルト:最大収容人数5万8619人)完売

【主審】バスティアン・ダンカート

【通算対戦成績】1勝2分0敗(シュトゥットガルト)

【得点】
1:0 ゲントナー (42., ドニス)
1:1 アブドゥラヒ (43., アンデション)
2:1 M.ゴメス (51., ゴンザレス)
2:2 フリードリヒ (68., トリメル)

シュトゥットガルト:ツィーラー – パヴァール , カバク , ケンプ , インスア – カストロ – デゥダヴィ , ゲントナー – アコロ – ドニス , ゴンザレス
交代:46. M.ゴメス ⇔デゥダヴィ 73. ツーバー⇔アコロ 82. エスヴァイン⇔ゴンザレス
ベンチ;グラール,バートシュトゥーバ,ソーサ,アオゴ
監督:ニコ・ヴィリヒ「別の展開を想像していた。ただまだこれは前半にすぎない。月曜日にはベルリンでとにかく勝利を納めなければ。この決戦では是が非でも我々に軍配をあげていかないといけない。(再び支配しながらもミスから失点)悪い癖がでた?それはわからないね。確かに支配していた時間もあったが、苦しい時間帯もあったんだ。重要なことはまだ半分でしかないということだよ」
主将:クリスチャン・ゲントナー「そこまでいい結果だとはいえないさ。でもまだ降格すると決まったわけでもない。少なくともまだ50・50の状況だと思う。月曜日には1部残留を果たすチャンスがあるし、まだ戦いは続くんだ」
FW:マリオ・ゴメス「(ブーイングがあった)試合終了後の雰囲気は気に入らない。確かにシーズンを通じて期待に応えることができていなかった。でもそんなことをしても何にもならない。もしまだ戦いがあることがわかっていて、信じる気持ちを失っていないならば。もちろんもっと良い結果が欲しかったけどね。ベルリンは昇格したように喜んでいるのではないか。僕たちとしては月曜日に巻き返していきたい。」

ウニオン・ベルリン:ギキーヴィツ – トリメル , フリードリヒ , パレンセン , ライヒェル – シュミーデバッハ – プレーメル , ジュリ – アブドゥラヒ , ハルテル – アンデション
交代:60. メース⇔ハルテル、80. ゴギア⇔アブドゥラヒ、84. F.クロース ⇔シュミーデバッハ
ベンチ:モーザー,C.レンツ,ラップ,ポルター
監督:ウアス・フィッシャー「最終的には、素晴らしいパフォーマンスをみせていたといえるだろう。意欲的な戦いをみせていた。先制点を許してから、すぐに追いつけたのが大きかった。それが選手たちに勢いを与えてくれたね。90分間守り続けてもうまくいかなかっただろう。選手たちはよくやってくれたよ。ただまだ前半にすぎない。2試合目があるんだ。勝ち残った訳ではない。(シーズン分が加算され累積警告で出場停止のクロース、トリメルについて)おかしなルールだとは思うよ。ただ別の選手がうまくやってくれると思う。落ち込んでいるわけではない。チーム全体に信頼をおいている。我々はホームで非常に強い。それは相手もわかっているはずだ」


  • ブンデスリーガ・各チーム情報