ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月08日

フライブルク、シュテンツェルをシュトゥットガルトにレンタル

SC Freiburg
SCフライブルク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 既報通りSCフライブルクは、来季より2部に降格するVfBシュトゥットガルトへ、パスカル・シュテンツェルをレンタルすることを明らかにした。確かに今季リーグ戦21試合に出場していた23才だが、その背景にはルーカス・キュブラーの負傷離脱が影響したもの。

 またフライブルクではしばしば4バックではなく、3バックを採用することもあり、同選手は右サイドバックとしてなかなか首脳陣を納得させることができていなかった。

 ボランチとしてもプレー可能なシュテンツェルは、「シュトゥットガルトは1部復帰という明確な目標をもっている。この挑戦を楽しみにしているし、ぜひ良いシーズンをクラブが過ごせるように貢献していきたいと思う」とコメント。

 またシュテンツェルがドルトムントのユースで過ごしていた時期を知る、スウェン・ミスリンタト新SDは「力強いプレーをみせる右サイドバックを迎え入れることができた」ことへの喜びをみせ、「非常に良い育成を受けている選手であり、ブンデス1部・2部での経験を持ち合わせている。間違いなく戦力補強となることだろう」と期待感を示している。

 なおシュトゥットガルトでは今季、期待されたパブロ・マッフェオが思うような活躍をみせられず、ベテランのアンドレアス・ベックが代役を務めたが終盤で負傷離脱。なおベックとの契約は今季までとなっており、さらに右サイドバックも務めたCBベンじゃマン・パヴァールはバイエルンへと移籍する。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報