ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月11日

シュトゥットガルト、ゲントナーに続き、アオゴも退団へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 来季はブンデス2部で迎えるVfBシュトゥットガルト。マネージャーを務めるヒツルスペルガー氏、そしてミスリンタトSDは着々と新チーム作りへと勤しんでいるところだが、主将を務めるクリスチャン・ゲントナーが、契約満了に伴いおよそ20年過ごしたチームを後にすることに。

 さらに昨シーズンではブンデス1部残留を決めるなど、ドイツ代表経験もある32才のベテランSBデニス・アオゴも、kickerが得た情報によればこのままチームを後にすることになるようだ。ただしアオゴ自身は先日、まだ現役続行にむけて意欲的な姿をみせている。

 加えてシュトゥットガルトでは、同じくベテランSBアンドレアス・ベックも契約満了にあるが、昨年に加入するも期待に答えきれなかったパブロ・マッフェオについても移籍が取りざたされているところであり、レンタルにてスペインのエスパニョール・バルセロナへの加入が指摘されているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報