ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月12日

ブッフヴァルト氏「優秀な、経験ある日本人選手を獲得するなら・・・」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 週末に控えたブンデスリーガ2部、VfBシュトゥットガルトvsカールスルーアーSCによるダービーを目前に控え、両チームでプレーした経験をもつ元ドイツ代表、ギド・ブッフヴァルト氏がドイツの大衆紙ビルトのインタビューに応じ、「前者は昇格のため、後者は残留のために、是が非でも勝ち点を得なくてはならない。インフラへ投資したカールスルーエは残留は必須事項であり、一方でシュトゥットガルトは随分と勝ち点をとりこぼしている。それでも2位にいるのはむしろ驚きだ。」と、語った。

 前節のオスナブリュック戦を振り返った時、オフェンス陣が決定力を欠いた部分が見受けられたことについては、「確かにオフェンスは問題だ。深い位置でのスピードが不足している。あの試合では、誰もスピリントやドリブルで優位な状況を作り出せなかった。それでは決定機は生まれない。また随分パスも届かなかったね」と、コメント。「強い意思」と「相手を消耗させるスピード」の不足を指摘している。「気迫を感じられるのはバートシュトゥーバくらい。それではあまりに物足りないよ。」

 その一方で昨夏より加入した遠藤航が、シーズン途中からスターティングメンバーに名を連ねており、特にここ最近ではベストプレーヤーとも評するべき活躍を披露(リーグ戦再開後のkicker採点平均は2.8)。このことはサプライズだったか?との問いに、ブッフヴァルト氏は「そんなことはない。むしろ最初のうちに、全くチャンスが無かったことの方が驚きだったくらいだ。優秀で経験豊富な日本人選手と契約するならば、そうそうミスをおかすようなことはないし、しっかりとしたメンタリティをチームへともたらしてくれる。」と述べ、「日本人選手というのは、常にチームのために身を投じて、懸命にプレーしてくれるんだ」と評した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報